adidas Skateboarding -アディダススケートボーディング-



創業は20世紀初頭に遡る。靴工房を運営した父の薦めで、アドルフとルドルフの2人のダスラー兄弟は、ドイツ、ヘルツォーゲンアウラッハ地域の慣例に従って、靴工房で靴職人の見習いを始める。水車小屋からフェルトクズを得て、そこからゴムチューブなどでスリッパを作り、各地の市場に販売されたという。

1920年、ダスラー兄弟商会設立。1924年、靴紐の変わりにゴムの付いた革底を使用した体育館シューズを開発。1925年、地元の体育協会が大量に靴を注文したことでブランドは軌道にのる。世界恐慌の煽りを受けながらも、ベルリンオリンピックの効果で再度ブランドは盛況となる。戦争を機に一時生産をストップするが、戦後、まもなく生産を再開。

しかし1948年兄弟喧嘩を機にアドルフ、ルドルフの兄弟は独立を決意。アドルフはアディダス、ルドルフはルーダを設立。ルーダは1949年、プーマへとブランド名を変える。プーマの由来はアメリカライオンのピューマから。(ただしプーマのロゴはチーター)

65年、テニスシューズ「ハイレット(後のスタンスミス)」を発表。これが人気となる。 70年、オールレザーのバスケットシューズ、「スーパースター」発表。サッカーのFIFAやオリンピックのIOCなど国際的スポーツ組織を巻き込んで、スポーツをビジネス化した。こうしてアディダスは世界一の売上高を誇るスポーツブランドにまで成長した。

7